洋菓子が日本に伝わった時期

洋菓子が日本に伝わった時期

外国との貿易が始まった安土・桃山時代には、ポルトガルやイスパニア産のお菓子も伝わるようになりました。それこそ洋菓子が伝わるきっかけとなりましたのが、ポルトガル船の種子島漂着です。

洋菓子を作るには当時とっても貴重とされてた砂糖を大量に使用するため、一般庶民はなかなか口にするのはなく、日本全国に広まるまでには時間がかかりました。一般に浸透するためとなったのは、明治時代です。

当時は洋菓子とは呼みやぶられておらず、南蛮菓子と呼ばれていたようです。キリスト教や鉄砲などとあわせてカステラやビスケット、コンフェト(金平糖)、ボーロも伝わったというわけです。

付け加えると、日本で初回作られました洋菓子はビスケットといわれております。さらに、喫茶店が登場し、コーヒーを飲みながらケーキなどを食べるようになりましたことは、洋菓子の発展に大きく影響してしまった。

明治時代あたりから和菓子と区別するように洋菓子と呼びますようになってしまいました。洋菓子が日本に伝わったのは、16世紀頃(室町時代)だと言い聞かされます。

洋菓子専門店(森永製菓や風月堂など)も出てきて、ビスケットやクッキー、チョコレートなどが次第に広まっていったのでした。